モテる男の夏服@明るい色を基調とした爽やかの正体

モテる男の夏服で王道のジギーズショップをみてみる

 

 

モテる男の夏服@明るい色を基調とした爽やかの正体

 

モテる男の夏服とモテない男の夏服の違いを考察したいと思います。まず、夏服とはどのような服装なのかを考えてみると、パッと頭に浮かぶのは「爽やか」という言葉が安直ですが思い浮かびます。シルエットを考えると、シュッとした感じなイメージが私の頭の中には浮かび上がりますね。色はダークではなく、白や青といったライトな色のイメージがあります。春は花木の繁り、夏の青空といった季節感から、このようなイメージがきていると思います。ざっくりとしたイメージですが、詳しくファッションを考察してみると、白いTシャツに青い半袖のシャツ、または白いシャツのみ。スタイルを良くする少しタイトなジーパンまたはチノパン。足元は白を基調にしたスニーカー、もしくはコンバース。といった感じが私がイメージした夏らしい服装です。

 

では、「モテる男」の夏服はどのようなものなのか。思い浮かんだのは、上記したイメージとそんなに変わらない服装が浮かびました。少し変わるのは、モテる男の服装には何かアクセントがついているようなイメージが浮かびます。例えば、ネックレスやバンダナといった小物を使いオリジナル感、アクセントを出した服装なのではないか、と思います。次に、「モテない男」の春夏服はどのようなものか。パッと浮かび上がったのは季節感のない服装というものです。つまり、上記した春夏服のイメージとは違う服装といったところです。例えばダークな色を基調にした服装、丈がやたら長かったり厚手の生地だったりといった、もっさりとした服。

 

もっと詳しくいうとモテる男の夏服、茶色やこげ茶がたくさん使われているチェック柄のシャツに、ポケットがたくさんついた厚手のだぶだぶなカーゴパンツに黒基調の知らないブランドの靴、といったイメージの服装が「モテない男」ではないかと思います。季節感がなく、また色合いやシルエットを気にしていない服装という風にまとめることができる気がします。ここでいう「モテる男」というのは「格好の良い男」と定義した上で、「モテる男の夏服」は明るい色を基調とした爽やかで季節感があり、シルエットが縦長で、そしてアクセントの効いた小物を使った服装、と言えるのではないかと考えられます。「モテない男の夏服」との違いはこの全てでしょう。